Stl-14HP012-C-CDMMをFullHDにした話

圧倒的なコスパであるStl-14HP012-C-CDMMを購入してシステムドライブをSSDに変更したのですが、サクサク動作してくれるだけに、ディスプレイを残念に感じていました。

・14インチに対して1366×768は解像度が低く、画面がせまい。
・光沢のため、照明などが映り込みやすいため、画面が見辛い。
・コントラストがはっきりしないため、文字が読みにくい。
・目立つ輝点がある。

どうにかできないかとずっと考えていたのですが、ネットで交換用のLCDが入手可能なことを知りました。
さっそくStl-14HP012-C-CDMMを分解して、LCDパネルの型番を調べてみたところ、「B140XTN03.2」、eDP 30pin でした。
液晶部分は、本体から取り外さないとネジが回せないため、分解できません。
また、液晶部分のネジは6箇所あり、下部のゴムとネジ隠しを剥がさなければなりません。

多くの方はeBeyやAliExpressで交換用のLCDを購入されているようですが、Amazonでも入手可能で、納品も早そうでしたので、1日悩んでポチりました。

LCDOLED®14.0インチ(日本発送) Lenovo Thinkpad Edge E440用 広視角 FHD IPS LCD LED ディスプレイ 交換用液晶パネル

ケーブルによってはHDまでしか表示できない場合もあるようでしたが、問題なくFullHDで表示されました。
自分の個体では「インテル®グラフィックスの設定」で、コントラストを (R, G, B) = (50, 49, 51) に設定しました。
個体によっては調整の必要はないかもしれません。

ドット抜けもなく、視野角も広くなったので満足しています。
14インチですし、ふだんは1600×900の解像度にしようと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください