Vine Linux の仮想マシンをコピー

メインマシンがクラッシュしましたが、KNOPPIX を使って復旧作業は順調に進みました。

しかし、問題が発生しました。
Vine Linux の仮想マシンをコピーすると eth0 を認識しません。

原因は、/etc/sysconfig/network-scripts/ifup-eth0 に HWADDR が記述されているためでした。

仮想マシンをコピーすると、VMware は仮想NICのハードウェアアドレスを作成し直します。
このため Vine Linux は、該当する HWADDR の NIC が無いと判断していました。

対策は HWADDR の行を削除するか、仮想マシンの vmx ファイルを参照して修正します。

Linux の場合、複数の NIC がある場合、検出順が安定しないという問題が発生しやすく、このため HWADDR を基準に検索させる必要があります。

頻繁にコピーを行う場合は HWADDR を指定しない方が楽です。
反対に、複数の NIC を使う場合は HWADDR を設定した方が安定します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください