Windows 7 Beta をテスト

Windows 7 Beta 日本語版がダウンロード可能になったので、ノートパソコンにインストールしました。

起動時間

明らかに早くなっています。

ドライバー

Vista用のドライバーがインストールでき、動作するようです。

・VIA VN896
・Synaptics タッチパッド

アプリケーション

Vistaで動作するアプリケーションはほとんど問題なく動作するようです。

・avast! 4 Home
・Firefox + Flash player
・Adobe Reader 9
・PowerDVD EXPERT 2

ガジェット

画面のどこにでも配置可能となっています。
サイドバーは廃止されたのでしょうか?

感想

Beta にしては完成度が高く、そのまま常用出来そうなぐらいです。
全般的に軽快な動作になっていると思います。
Chrome 9 でも Aero を有効に出来ました。
無線LANの接続が高速になっています。非常に良い点です。
Vistaから移行する人には違和感は無いと思います。

タスクバーはかなり使い勝手が変わったので、慣れるまではイライラするかもしれません。

ネットワークの種類に「ホームネットワーク」が追加となっています。
今まで通りのワークグループでのネットワークは「社内ネットワーク」を選択します。
インストール時にワークグループの設定がありませんので、インストール後にコンピューターのプロパティーで変更する必要があります。

※ 訂正

Vistaを再インストールした処、Vistaにも「ホームネットワーク」がありました。
プレインストールでしかVistaを使っていなかったので知りませんでした。

すいません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください