openSUSE 11.2

openSUSE 11.2 をインストールして触ってみました。
デスクトップのみ使うならまあいいんじゃないでしょうか。

あきらははっきり言ってお手上げです。

VMware Player 3.0 はまともにインストールできませんでした。
再起動すると /etc/init.d/vmware は実行されませんでした。
パッケージアップデート後に実行しようとすると、カーネルヘッダーのバージョンが異なると言われてしまいますが、どのパスを指定すれば良いのか途方に暮れました。

Apache2 のドキュメントルートは /srv/www/htdocs/ だったかな?
パッケージはrpmですが、yum や apt-get はありません。
とにかく独自路線過ぎます。

ちょっと openSUSE での案件は勘弁して欲しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください