phpPgAdmin のデバッグ

Ubuntu 9.10 の phpPgAdmin 4.2.2 で、「エクスポート」時にフォーマットを「SQL」にすると失敗する。
/var/log/apache2/error.log を見てみると、pg_dump の「d」オプションが不正だと書いてあった。
色々調べると、PostgreSQL 8.40 から -d オプションは廃止されたようだ。

しかし、INSERT 文の方が便利な場面もあるので、ソースを調べてみた。

Ubuntu 9.10 の phpPgAdmin 4.2.2 の場合は、/usr/share/phppgadmin/dbexport.php の ‘ -d’ を ‘ –inserts’ に変更すれば良い事がわかった。

–inserts オプションは -d オプションと同等で、PostgreSQL 8.37 以前でも OK なようだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください