Ubuntu 10.10 で NX Free Edition を使う

Ubuntu 10.10 には FreeNX がありません。
Google の開発した NeatX もあるのですが、サーバーがまともにシャットダウンされなくなったりします。

そこで NoMachine の NX Free Edition を使ってみました。

実は、Windows に RDP でログインして VMware で Ubuntu を実行する方がスムーズに動くんですけどね。
それだけ Windows の RDP は優秀ということです。
普段はあまり Microsoft を誉めたりしないんですけど、事実は認めないとね。

NX Free Edition のダウンロード

以下のURLより三つのパッケージをダウンロードします。

NX Free Edition for Linux

nxclient_3.4.0-7_i386.deb
nxnode_3.4.0-14_i386.deb
nxserver_3.4.0-14_i386.deb

NX Free Edition のインストール

以下のコマンドで上記パッケージをインストールします。

$ sudo apt-get install libaudiofile0
$ sudo dpkg -i nxclient_3.4.0-7_i386.deb
$ sudo chmod 755 /usr/lib/cups/backend/ipp
$ sudo dpkg -i nxnode_3.4.0-14_i386.deb
$ sudo dpkg -i nxserver_3.4.0-14_i386.deb

NX Free Edition の設定

/usr/NX/bin/GNOME.sh を作成します。

以下の手順で設定します。

$ sudo vi /usr/NX/bin/GNOME.sh
$ sudo chmod +x /usr/NX/bin/GNOME.sh
$ sudo vi /usr/NX/etc/node.cfg

/usr/NX/bin/GNOME.sh の内容

#!/bin/bash
/usr/bin/xmodmap -e 'keycode 123 = backslash underscore'
/etc/gdm/Xsession gnome-session

/usr/NX/etc/node.cfg の変更部分

CommandStartGnome = "/usr/NX/bin/GNOME.sh"

確実にインストールを完了させるため、サーバーを再起動します。

NX Client for Windows のダウンロード

以下のURLよりダウンロードします。

NX Client for Windows

NX Client for Windows のインストール・実行

ダウンロードしたファイルを実行してインストールします。
インストール完了後、NX Client for Windows を実行して接続してみます。

NX Client for Windows の設定

いったん接続して確認すると、キーボードの配列が英語になっています。
ユーザーディレクトリに .nxconfigセッション名.nxs が作成されていますので、Custom keyboard layout を修正します。

<option key="Current keyboard" value="false" />
<option key="Custom keyboard layout" value="jp" />

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください