Lubuntu を試しました

Ubuntu Weekly Topics に Lubuntu が11.10から公式な派生ディストリビューションとして認定される模様だと書いてありました。
コミュニティーで現在公開されているインストールイメージは i386 だけのようです。
比較的性能が低いパソコンを想定しているので当然かもしれません。

しかし amd64 でもデスクトップが軽いのは歓迎です。

動きを確かめてみるため、 Ubuntu 11.04 Server に lubuntu-desktop を追加インストールして確認してみました。
amd64 用のパッケージもちゃんと準備されていました。
派手さはなく、多機能ではありませんが、なかなか軽快なデスクトップです。
例えが古くて恐縮ですが、 Windows 95 みたいな感覚です。
やりたいことは一通りできるようです。

しかし、サーバー版をベースにしてデスクトップ版とすると、かなり無駄であることを痛感したところに、https://help.ubuntu.com/community/Installation/MinimalCD の情報が入りました。
試してみたところ、こちらをベースにしたほうが断然よいようです。

ちなみに、メニューより Synaptic を実行しようとすると、rootパスワードを要求されてしまいます。
/usr/share/applications/synaptic.desktop の gksu を gksudo に修正すると、ubuntu-desktop などと同様に、ログインしているユーザーのパスワードを要求するようなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*