VMware Player 4.0 で CentOS 5.7 インストール

VMware Player 4.0 がリリースされました。
ハードウェア仕様が 7 から 8 へ変更となったため、恩恵を授かるには再インストールですね。
多分 Workstation では仮想マシンハードウェアのアップグレードが可能と思われますが。

ついでにリリースされた CentOS 5.7 を試して見ました。

動作は多少キビキビした感じですが、VMware のアップデートのおかげと思われます。
起動画面が 5.6 までと変わってしまいました。

起動画面がどう変わったか調べてみると、起動時のオプションの rhgb と quiet が指定されていませんでした。
しかし、以前と同じ状態に修正しても rhgb が表示されません。
rhgb パッケージ自体がインストールされておらず、インストールしようとしてもパッケージが見つかりません。
結局、パッケージングミスでリポジトリに存在していませんでした。

なくても構わないんですが、気持ち悪いので以下のように対策しました。

# yum install gcc rpm-build vte-devel libxf86config-devel
# wget http://vault.centos.org/5.7/os/SRPMS/rhgb-0.16.4-8.el5.centos.3.src.rpm
# rpmbuild --rebuild rhgb-0.16.4-8.el5.centos.3.src.rpm
# rpm -ivh /usr/src/redhat/RPMS/i386/rhgb-0.16.4-8.3.i386.rpm

なんとなく、5.6 からのアップグレードじゃないと不安ですよね。

※ すでに updates リポジトリに存在していますので、「yum install rhgb」とすれば OK です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください