FCKeditor – テンプレートカスタマイズ編

FCKeditorのようなエディタを使う場合、テンプレートがあると作業効率がぐっと向上する。

しかし、デフォルトのテンプレートはサンプル程度の出来である。
また、編集領域全体を上書きしてしまうため、部分的なテンプレートが使えない。

ここでは、FCKeditorのテンプレートを実用にするためのノウハウを公開する。

サンプル

画像(143x180)

Firefoxでのバグ対応。
テンプレートの挿入が選択できる。
実用的なテンプレート。

以下、手順を説明する。

デバッグをしておく

テンプレート機能のデバッグ のように、Firefox対策をしておく。

テンプレート定義用XMLの作成

FCKeditor/fcktemplate.xml をコピーして、テンプレート定義用XMLを作成しておく。
あきらは FCKeditor/behappy.template.xml を作成した。

テンプレート定義用XMLの編集

作成したテンプレート定義用XMLを編集する。
fcktemplate.xmlを参考にすれば簡単だった。

templateタグのimageパラメーターを省略すると、左のプレビューイメージを表示しない。
テンプレートごとにイメージを準備するのは手間なので、今回は表示しない事にした。

テンプレートの挿入パッチの適用

SourceForge.net より、パッチをダウンロードして適用する。
テンプレートの挿入が可能になる。

日本語はパッチされていないので、en.js を参考にFCKeditor/editor/lang/ja.js を編集する。

テンプレート定義用XMLの選択

FCKConfig.TemplatesXmlPath に、作成したテンプレート定義用XMLのパスを設定する。
カスタム設定を作成している場合、デフォルト設定(fckconfig.js)を上書きしてくれるので便利だ。

テスト時の注意

FCKeditorのどこか修正した場合、ブラウザのキャッシュをクリアしないと正しくテストできない。

より詳しく知りたい場合、この記事のコメントでお問い合わせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください