FCKeditor – コア部分のデバッグ

画像(180x37)

ツールバーのバグ

FCKeditorのツールバーで改行を指定すると、IEではツールバーのレイアウトが崩れてしまう。

ツールバーはコア部分で表示しているので、修正するのは FCKeditor/editor/js/fckeditorcode_ie.js のはずだ。

しかしこのファイルは、ダウンロード時間短縮のためパッケージング(ダウンロード最適化)されており、簡単には修正できない。

パックされるファイルは、FCKeditor/editor/_source/ の中に一式そろっているので、これを修正してパッケージングすればよい。

今回は、コア部分の修正方法と、上記デバッグを紹介する。

ツールバーのデバッグ

事前にFirefoxの DOM Inspector で調査したところ、ツールバーの改行は、div タグの clear: left で実現しているようだ。
clear をキーワードに _source ディレクトリのスクリプトを検索したところ、fcktoolbarbreak_ie.js にバグが見つかった。

FCKToolbarBreak.prototype.Create = function( targetElement )
{
var oBreakDiv = FCKTools.GetElementDocument( targetElement ).createElement( 'div' ) ;
//oBreakDiv.className = 'TB_Break' ;		// !!! bug !!!
//oBreakDiv.style.clear = FCKLang.Dir == 'rtl' ? 'left' : 'right' ;	// !!! bug !!!
oBreakDiv.style.clear = FCKLang.Dir == 'rtl' ? 'right' : 'left' ;	// !!! debug !!!
targetElement.appendChild( oBreakDiv ) ;
}

fcktoolbarbreak_gecko.js に合わせて修正したところ、あっさり直った。

次はパッケージングを行う。

パッケージャのダウンロード

パッケージャは Microsoft.net 1.1 か 2.0 用のものがダウンロード可能だ。以下からダウンロードして解凍する。

FCKeditor – downloadのページ

FCKeditor の各バージョン用があるので注意すること。

パッケージング

解凍したフォルダの中にある FCKeditor.Packager.exe を、適当なディレクトリに保存する。
コマンドプロンプトで作業する必要があるので、C:FCKeditor 等のフォルダを作るのが便利だ。

後はそのフォルダで以下のコマンドを実行する。

FCKeditor.Packager C:InetpubwwwrootFCKeditor

C:InetpubwwwrootFCKeditor の部分は各自の設置ディレクトリに置き換えてください。

これで完了。

画像(180x25)

デバッグ完了



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください