textarea の wrap 属性

長年Webの開発をしているが、まだまだ知らない事が多い。

今日は textarea の wrap属性を始めて知った。

Webアプリケーションを一般の方に使ってもらう場合、textareaの折り返しがわかり難い。
折り返しをしないようにしたいのだが…

CSSで設定すると、半角文字は折り返さないのだか、全角文字が折り返してしまう。
また、IEとFirefoxで指定が異なるようだ。

wrap=”off” を指定すると思ったような振る舞いとなった。

まだまだCSSで全てを実現できるわけではない。
必要な場合は、むきにならずに属性を使った方が良いと思う。

ページを見たり使ったりする人にはどうでもいい事だから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください