SOTEC WH3312B で CPRM 再生

正月に中古で購入したノートパソコンで、地デジを録画した DVD が再生できなかった。

ノートパソコンは SOTEC WH3312B。結構しょぼいスペック。
一応スーパーマルチドライブで、CPRM 対応らしい。
地デジを録画した DVD が再生できないのは、付属ソフトの WinDVD for SOTEC が CPRM に対応していないからだ。

ためしに借り物の Nero 8 をインストールしたら、ちゃんと再生された。
ただ、Nero 8 はちょっと高い。DVD再生のみの安いソフトが欲しい。

VAIO Type G では、WinDVD で CPRM に対応出来たので、WinDVD 9 を購入してみた。
DVD再生ソフトでは最安だったのだが、大失敗だった。

とにかく CPRM の DVD を再生しようとすると異常終了する。
ネットで検索すると、同様に動かないという報告が大量にあった。
アップデートを行っても同様だった。
OSを再インストールしてから再度挑戦しても同様だった。

昨日チェックすると新しいアップデートがあったので、適用しようとしたら、前のアップデートをしているとダメだとのこと。

なんじゃそれは!

仕方ないのでアンインストールして再インストール、アップデートを行う。

しかし、異常終了こそしなくなったものの、画像が表示されない。
もう一度再インストールをしようとしたら、なにやらエラーでアンインストールが失敗。
これが原因で不具合が出そうで、気持ち悪いので OS を再インストールした。

WinDVD が悪いとは言わないが、このパソコンでは動かないようだ。

この時点で WinDVD に見切りをつけたが、CPRM を再生するのに意地になってしまっていた。

再度ソフトを検索すると、ソースネクストが PowerDVD EXPERT 2 を販売していた。
これもかなり安い。
嫁さんに許可をもらって購入してみた。

結局、他のDVD再生ソフトと同じぐらいの出費になってしまった。

ダウンロード版を購入して解凍。出来たフォルダを探すとインストールの説明があった。
ダウンロード版なので、まず DirectX のランタイムを自分でインストールする。
それからインストール。
初回起動時に CD-Key を入力して登録。
CPRM を初めて再生する場合は管理者権限で PowerDVD を実行する。

あっさり成功…今までの苦労は何だったのか…

いろんな面で WinDVD より完成度が高いと思います。
インストール後の安定性・操作性も満足しています。
スナップショットも簡単にできます。
DVDの再生のみであれば、かなりお勧めです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください