Synergy の設定

Webアプリを作成するのに、マシンかモニターが2台あると、とても効率が良い。

片方でエディタを立ち上げてHTMLなどの変更を行う。
もう片方でブラウザを立ち上げて確認を行う。
修正後、すぐリロードして確認できるので効率が良い。

また、片方で作業をしつつ、片方で YouTube を見たりも出来る。

あきらの場合は、デスクトップとノートを並べて作業をしている。
別々のキーボードを操作するのは面倒なので、キーボード・マウス切替ソフトを使っている。
いくつかのソフトがあるが、あきらは Synergy 1.2.6 に漢字キーパッチをあてたものを使用している。

おおむね満足しているが、問題もあった。
サーバ側でエディタを開いているときに、クライアント側の操作をしてサーバ側に戻ると、エディタのカーソルが消えてしまう事が有るのだ。
このためカーソルを再表示するためにエディタを最小化して元に戻したり、一旦他のウィンドウを選択したりする必要があった。
クライアント側からコピペするときなどは大変不便だ。

それでも他のソフトよりは使いやすいので、しぶしぶ使っていた。

今日、2ch をヒントに、以下のオプションにチェックを入れたところ、見事に解消された。

Don’t take foreground window on Windows server.

Synergy のバージョンは古いが、あきらにとってはこれがベストだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください