デフレに歯止めをかける方法を思い付いた

全国の都道府県が一斉に最低賃金を1.5?2倍にすることでデフレは解決出来ると思います。
よくよく考えると良いこと尽くめです。

ファーストフードやディスカウントショップの低価格を支えているのは、アルバイトやパートの方々です。
このがんばっている層の収入を増やせばかなりの経済効果があります。
また、企業は人件費削減によるコストダウンという考え方を転換せざるを得なくなります。
こうなると、社員として雇用してしっかりと教育をし、長く勤めてもらったほうがコストがかからなくなると思います。
消費者の立場としては、教育の行き届いたサービスを受けるほうがありがたいです。

あんまりデフレが進むと自分の技術や労力を低価値で提供しなくてはならなくなります。
自分なりに悩んだり経験したりして手に入れた技術を、投売りするようなマネはしたくありません。

また、相対的に社会保険料や税金が高くなってしまうので、支払いが苦しくなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください