Core i7 920 の熱対策

ゴールデンウィーク後、暑い日が続いています。
気になって CPU の温度を調べてみると、アイドルで 50度以上、少し負荷をかけると 65度となっていました。
まだまだ夏でも無いのにこれは…

マザーボードの故障もあったし、また壊れるのは経済的・時間的に痛い。
しばらく思案していましたが、パソコン工房松江店に夕方から向かいました。

購入したのはケースファンとCPUクーラーです。

CFZ-120S
SCMG-2100

CPUクーラーのでかさに驚きました。
ネットで調べたとおり、マザーボードへの取り付けはかなり難航しました。
結局、以下のように取り付けました。

1. 右手に取り付けねじ
2. マザーボードの裏にマウント用プレートをあてがい、裏から右手のねじを通す
3. そのままマザーボードをたて気味にする
4. 左手にCPUクーラーを持ち、ねじを軽く閉め、CPU に対してCPUクーラーが少し浮いた状態にしておく
5. 先ほど軽く閉めたネジと対角の位置を同じように軽く占める
6. CPUクーラーの位置が決まるので、しっかりとCPUに密着させる
7. 各ネジを対角にしっかり締めてゆく

ケースファンはサイドの吸気用に取り付けましたが、驚くほど静かです。

肝心の温度ですが、室温 25度でアイドル時に 39度まで下がりました。
しかもCPUファンが止まった状態です。

現在は電源の音と起動時のハードディスクの音が聞こえるくらい静かです。

ケースによっては吸気用のファンを追加するだけでかなり効果がありそうです。
CPUクーラーは、ファンの性能より放熱面積が多い方が効果があるようです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください