SAMBA と nsswitch – 便利なソフト

※この記事は「SAMBA と WinBind – 便利なソフト」というタイトルで公開していましたが、WinBind が記事の内容には不必要でしたので、訂正いたします。

現在、Webアプリを作成する場合、実行環境はほぼ Linux + Apache と言っても過言ではないだろう。
レンタルサーバもほぼ Linux である現状では、Webアプリの動作検証を行うには Linux が欠かせない。

しかし、日常的に作業を行うには、使い慣れた Windowsアプリが手放せない。特にエディタやマルチメディア系のソフトは変更したくない。

結局、Windows と Linux の混在環境となる。
しかし、SOHO 等で開発する場合、IPアドレスの管理が煩雑となったりするので、できればDHCPを使いたい。

VMwareなどでターゲット環境を複数作成している場合はかなり面倒だ。

ルーターの設定をする必要もあるかもしれない。大体のルーターはクライアントがDHCPを使うことを前提としている。

LinuxのアドレスをDHCPで取得する場合、以下が有効だ。

Windows から Linux を参照

Linux側でSAMBAを起動する。SOHOなどで手軽に共有するには、ワークグループでの運用が良いと思う。

Fedora Core 5 の場合、/etc/samba/smb.conf を以下のように修正する。あくまでサンプルなので、自分の環境にあわせて変更すること。

先頭の文字の意味は
+ この行は追加
* この行は変更

その後、

としておく。

この例だと、Windowsマシンから Rina として Linuxマシンの共有ディレクトリが見えるはずだ。

Linux から 他のマシンを参照

LinuxからDHCPでアドレスを取得したマシンにアクセスするのは、経験上難しい。しかし、Windows同士では問題なくアクセスしている。
この違いは、名前解決方法が異なっているからだ。
と言う事は、LinuxにWindowsのような名前解決をさせれば良いと言う事になる。

/etc/nsswitch.conf を以下のように修正して、名前解決にWINSを使うようにする。

何が便利なのか

全てのLinuxマシンではSAMBAを起動している物とする。

たとえば Akira がWebサーバで Rina がデータベースサーバだとする。
Rina 上のブラウザで http://akira/test/ としても、正常にアクセスできる。

また、Synergy を使う場合も間単に設定できる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*