Synergy まとめ – 便利なソフト

Synergy について、落ち着いてきたので、まとめておきます。

入手先
http://synergy2.sourceforge.net/

※Synergy 1.2.6 Win32版インストーラーをダウンロードしてインストールしてください。

Synergy 1.2.6 漢字キー対応版 (Win32)
Synergy-1.2.6-kanji.zip

※漢字キー対応版の使用方法は、ZIPファイルを解凍して README.txt を読んで下さい。

Synergy 1.3.1 について

・漢字キーパッチが公開されているが、無変換キーに対応していない。
・ESCキーを押した後、何か文字を入力すると DDDD とゴミが入力される。 ※MIFESのためでした。
・CapsLock をするとクライアントで入力ができない。

WindowsとLinux(Fedora Core 5)を混在させる場合

http://blog.drry.jp/2005/12/22/synergyが自動起動の設定方法として大変参考となる。
SAMBA と WinBind – 便利なソフトを参考にして名前解決をすると便利。
・上記の場合、自動起動スクリプトの以下を変更する。
synergyc Windows -> synergyc –name Fedora Windows


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください