Core i3 2100T で省電力デスクトップ

D410PT で省電力マシンを組んでみたんですが、あまりに非力なので悲しくなりました。

今時の省電力CPUを調べてみると、以下が魅力的でした。
・Pentium Dual-Core G620T / 2.2GHz / 2core 2thread / TDP35W / 約7,000円
・Core i3 2100T / 2.5GHz / 2core 4thread / TDP35W / 約11,000円

Core i5 以上と比較すると、VT-d と TXT と Turbo Boost がありません。
でも自分の使い方では必要ないので OK。

Mini-ITX のマザーボードは以下が魅力的でした。
・BIOSTAR TH61 ITX Ver.5.x

RAID がなくてSATA 6.0G じゃない。メモリは最大8GB。
でも自分の使い方では十分なので OK。

結局、嫁さんと相談してパソコン工房の通販でポチッと。
数日後、パソコン工房 松江店で以下を買取してもらいました。
・D410PT
・DDR2 2GB x 2
・Geforce GTS250 512MB
そのお金で CPUクーラの KOZUTI を購入。

その翌日に佐川急便で注文の品が到着。

まぁ問題ないですね。
心配していた VMware 上の Aero も正常に表示されるし、必要十分です。
8スレッド必要ないです。4スレッドで十分。

KOZUTI は高負荷の時にうるさいとのレビューもありましたが、リテールよりは耳に優しかったのでまぁ良しとしました。
しかし、あんまりマザーは冷えないようです。心配な人はリテールのままが良いと思いますよ。

それより、PCケースの IW-BM651B/160 は失敗でした。電源のファンとケースファンがうるさいです。
ケースファンは交換必須ですが、交換してもマシになる程度で、風切り音というか何というか、とにかく気になります。
少し大きめのケースで、25mm 厚のファンを余裕で搭載できるケースにすればよかった。
電源は 120W でいいので、AC電源のものがいいですね。

とりあえず2年ぐらいは使って1万円ぐらいは電気代で元を取ります。
TDP130W の Core i7 920 は予備マシンになりました。

欲を言えば、ケース交換して静音化したいですね。1万円位で。
組み立てパソコンだと、これも楽しみの一つですよね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください