Core i3 2100T を LGA1156 リテールクーラーで冷却

パソコン工房の通販で、追加の Core i3 2100T と DDR3 PC3-10600 4GB x 2 が届きました。
しかし、残念ながら メモリが初期不良のようです。別のマザーボードに差してもエラーになりました。
パソコン工房米子店で対応してくれる事となり、閉店まで90分なので、急いで向かうと、わざわざ交換品のメモリテストを行って準備してくれていました。

メモリの初期不良は確率的なものでどうしようもないのですが、丁寧な対応をしていだだき、ありがとうございました。

その際、たまたまジャンクで LGA1156 のリテールクーラーが 300円でした。
Core i3 2100T のリテールクーラーは、総アルミなのですが、 LGA1156 のリテールクーラーは銅芯なので、より冷えるのです。
もともと発熱は少ないため、わざわざ CPU クーラーを購入するのに躊躇していたので、チャンスと思い、購入してみました。
やはり、標準よりコア温度が3~4度下がるようです。

メモリの初期不良にガッカリしましたが、結果的にラッキーでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください