FCKeditor – 設置編

FCKeditor – インストール編で、インストールをした続き。

さて、自分のページにFCKeditorを設置する際、どうやったらいいのだろう?
ホームページの情報を検索すると、PHPの場合、FCKeditor/fckeditor.php を使う方法を紹介している。

しかし、もっといい方法がある。

以下のサンプルがお勧め。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xml:lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8" />
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript" />
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
<title>FCKeditor</title>
<script type="text/javascript" src="FCKeditor/fckeditor.js"></script>
<script type="text/javascript">
<!--
function on_load() {
//==================================================================
// FCK Editor
var oFCKeditor = new FCKeditor( 'contents' );
oFCKeditor.BasePath = '/FCKeditor/';
oFCKeditor.Width = '800';
oFCKeditor.Height = '700';
oFCKeditor.ToolbarSet = 'Default';
oFCKeditor.ReplaceTextarea();
}
// -->
</script>
</head>
<body onload="on_load()">
<form name="FCKeditor" action="sample.php" method="POST">
<textarea id="contents" name="contents">
</textarea>
</form>
</html>

すこし、説明しておこう。

まず、ヘッダで FCKeditor/fckeditor.js を読み込んでいる。
次に、FCKeditorを設置したい場所に textarea を配置する。
最後に、onload イベントで FCKeditor を初期化する。この時、テキストエリアの値が読み込まれて、内容(HTML)がエディタに置き換えられる。

なぜ、この方法が良いのか?

1. html はテキストエリアのみ設置しておけばよいので、シンプルになる。
2. PHP側では、このテキストエリアの名前でパラメータを受け取るので、感覚的に自然である。
3. onload 時の初期化をPHPで動的に変更できる。

特に 3. は重要で、ログインユーザ毎にツールバーやアップロードフォルダを切り替えるのに必須だ。

かくゆう私も、最初はいろんな解説通りに設置していた。
しかし、アップロードフォルダの切替方法を調べた結果、上のサンプルような設置方法にたどり着いた。

ファイルのアップロード機能を使うためには、さらに設定が必要だが、それはまたの機会に…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください