今時のビジネス – 無料サービスと広告

今時、モノを売ろうとすると条件が厳しい。

1. 知名度(広告費)
2. 資本力(薄利多売)
3. プレミア(単価が高い・オタク向け)

上記いずれかでないと利益が無いのが現状だ。
生活必需品も例外では無い。

で、ベンチャーはどうするかと言うと

1. ネットーワークを活用(全国相手に確率で稼ぐ)
2. サービスを提供(資本は最小の人件費)
3. 情報を提供(モノではないので倉庫がいらない)

と、言うことになる。じゃないとチャンスが無い。
オープンソースが定着し、今時技術では稼げない。

それでは、収入はどうやって得るのだろう?

実は、モノを売る手伝いをして収入を得るのである。
平たく言えば、広告料で生計を立てるのだ。

ベンチャーなどは技術的には自信のある所が多い。
しかし、技術ではほとんど食えない。

みんなが幸せになるには、以下のようなモデルが考えられる。

1. ベンチャー企業は無料のサービスを自社の技術で構築し、公開する。
2. 広告主は無料サービスを利用するユーザ向けに広告を掲載する。
3. ベンチャー企業は広告料を得る。
4. ユーザーは無料サービスを利用し、引き換えに広告が掲載されるのを承諾する。
5. 気に入った商品やキャンペーンの広告を目にしたユーザーは広告主からモノを購入する。

しかし、ここにも壁がある。Yahoo!や楽天が、すでに同様のモデルで巨大化しているのだ。

この壁をどうやって越えるかが今後のベンチャーの勝負ではないだろうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください