X11RDP-o-Matic のご紹介

明けまして、おめでとうございます。

お年玉と言うわけではないんですが、X11RDP-o-Matic をご紹介いたします。

詳しくは上記のページをご覧になっていただくとして、アキラは Xubuntu 14.04 で正常に動作することを確認しています。
標準パッケージの XRDP の場合には、セッション終了時に RDP クライアントの画面が閉じなかったりするため、安心して使用できませんでした。
X11RDP-o-Matic を使ってインストールすると、上記の不具合もなく、レスポンスも良いと思います。

開発は GitHub を使って行われているため、変更リクエスト(Pull Request: PR)も比較的簡単にできます。
また、Google グループ で相談することもできます。

あきらは今回 GitHub を初めて知りました。
勉強がてら XRDP の日本語キーボード対応の PR を送ってみたところ、採用していただきました。
開発版(develブランチ)で、”\ _”キーと変換キーが正しく入力できるように対策しています。

上記を含めた XRDP & X11RDP のインストール手順は以下となります。

$ sudo apt-get install git
$ git clone --depth 1 -b v3.03 https://github.com/scarygliders/X11RDP-o-Matic.git
$ cd X11RDP-o-Matic
$ sudo ./X11rdp-o-matic.sh --branch devel --justdoit

“–branch devel” の部分を追加するだけです。develブランチとなりますが、十分安定しているように思います。

追記 (2015/02/24)

現時点で上記の変更は master ブランチにマージされています。
“–branch devel” は必要無くなりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください