FC6 – 初期設定スクリプト

FC5 インストール後の設定 と同様なインストール後の設定スクリプトを公開します。

ダウンロード : FC6_setup.zip

使い方は以下の通り。

# cd /usr/local <- 適当なディレクトリ
# wget http://akira.matrix.jp/freesoft/FC6/FC6_setup.zip
# unzip FC6_setup.zip
# cd FC6_setup
# ./FC6_start.sh
Firefoxが開くので、JDKをこのフォルダにダウンロードする。
以下の設定をしておくと楽。
メニューで「編集」->「設定」
「ダウンロード」で「ファイルごとに保存先を指定する」を選択
# ./FC6_java.sh
# cd ..
# rm -rf FC6_setup

AdobeReader の設定については、以下のサイトを参考にしました。
☆☆☆ かってに Linux11 (続き10) ☆☆☆

今回は acroread.patch を見てもらうとわかるように、かなり簡略化した対応です。


“FC6 – 初期設定スクリプト” への3件の返信

  1. FC6_setup.zipを使った者です。

    これまで、CompizやBerylでタイトルバーや枠が表示されない症状が出てましたが、/etc/profile.d/flash.shを削除しexport XLIB_SKIP_ARGB_VISUALS=0したところ正常にタイトルバーや枠が表示されるようになりました。

    このファイルは、FC6_setup.zipによって入れられた物でしょうか?

    ちなみに、このファイルを削除しても最新のflashでは問題はおきませんでした。

  2. はい。FC6_setup で作成しています。

    問題が無ければ /etc/profile.d/flash.sh を削除してください。

    次回起動時から無効になります。

    詳細は「FC5 FlashPlayer設定まとめ」を参照してください。

    当時はCompizなどはあまり普及していなかったので問題ありませんでした。

    Flash Player 9 が正式サポートになったのはつい数日前ですので、しばらく様子を見ます。

HAL へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください