VMware に CentOS 5 をインストール

開発がフリーズされた Fedora 7 だが、IDE が sd として扱われるようになり、HALdaemon などのアプリケーションで不整合があるままだ。

あきらにとって OS は、ソフトウェアを実行する環境にすぎない。
動作検証の出来るものなら、何でもかまわない。どうしても Fedora という訳ではない。

安定した開発環境のため、Fedora には見切りをつけて、CentOS に乗り換えることにした。

パッケージ管理には yum + yum-updatesd が使えるようだ。
RHEL と Fedora の合いの子みたいになっている。

インストールはいたって簡単だった。初期設定をメモしておく。

※ 初回起動時の設定後

VMwareToolsのインストール

VMware のメニューで「VMware Tools インストール(I)…」をクリック。
コンピュータ -> CD-ROM をクリックして、VMwareTools-*.i386.rpm をインストールする。
「とにかくインストールする」をクリックする。
コンピュータ -> CD-ROM を右クリックして、「取り出し」をクリック。
VMware のメニューで「VMware Tools のインストールをキャンセル」をクリック。

テキストモードに移行

gnome-terminal で以下のコマンドを実行

# telinit 3

ログインプロンプトが表示されるので、root でログインする。

不要なサービスの停止(OS再起動後に有効)

# chkconfig cpuspeed off
# chkconfig isdn off
# chkconfig irqbalance off
# chkconfig bluetooth off
# chkconfig ip6tables off
# chkconfig isdn off
# chkconfig smartd off

IPv6の無効化

# vi /etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=localhost.localdomain

名前解決に WINS を追加

# vi /etc/nsswitch.conf
...
hosts:      files dns wins
...

システムを最新状態にする

# yum update

vmware-config-tools.pl を実行するため、再起動する。
更新された Kernel で起動している必要があるため。

vmware-config-tools.pl の実行

準備も含めて、まとめて書いておく。

# yum install gcc kernel-devel
# vi /etc/X11/xorg.conf
(以下を追加)
Section "Monitor"
EndSection
# vmware-config-tools.pl

その他

以下の設定を行った。環境により異なるので省略。

・SAMBAの設定
・sendmail -> postfix
・開発環境用のOP25B対策
・Apacheの設定


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください