Ubuntu 8.04 LTS をインストール

Ubuntu 8.04 LTS を、ノートパソコンにインストールしてみました。

インストールしたパソコンは、これ。

PC : VersaPro VA70H
CPU : Celeron 700MHz
RAM : 256MB
HDD : 80GB

384MB 以上の RAM が必要と書いてあったのですが、なんとかいけました。

ベータの Alternate 版でインストールを行うと、Grab で MBR が更新できなかったので、あえて Desktop 版でインストールしました。
ベータの Alternate 版で苦労したのがウソみたいに、すんなり再起動へ。

これをインストールしたのは、kernel 2.6.23 以降の CFS を試してみたかったから。
Fedora 8 でも試せるのですが、Ubuntu ならずっと使えそうだからです。
このタスクスケジューラなら、非力なノートパソコンでもスムーズに動くのではないかと考えました。

結果としては満足しています。

・重い処理をしてもマウスが固まらない。
・ただし、単一のタスク単位では完了に多少時間がかかる感じ。
・上記は予想していた範囲。
・複数のタスク実行時に CPU の使用率が向上している模様。

メモリも食わなくなったし、意外と非力なマシンで使える kernel になったと思います。

まだ多少のバグは残っている模様ですが、かなりおススメのリリースです。

あきらは Xubuntu 8.04 がリリースされたら、Celeron 450MHz(RAM 192MB) のノートパソコンに入れてみようと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください