1日目 – 禁煙開始

最近、深呼吸しても若い時の 2/3 ぐらいしか吸い込めない感じです。
タバコを少し吸いすぎると、咳が出て止まりません。
でも、脳がニコチンを求めてしまうので、それでも吸っていました。

ニコレットも試したことがあるのですが、自分には合わないみたいでした。

・口の中が気持ち悪くなる
・ガムに触れている部分が痛くなる
・打合せ中にガムを噛んでいるわけにはいかない

ところで、一箱千円なんてバカなことを政治家が検討しているみたいです。
値段を上げればタバコを吸う人が減って医療費が節約できるそうです。

それならそれでも良いのですが、禁煙治療は国の責任で無料で行うべきではないでしょうか。

もともとタバコは国が販売していました。現在も国が認可して販売しています。
いくら自己責任と言っても、タバコ依存症の責任は国にもあるはずです。

とにかく、自分の健康を国が守ってくれるとは思えないので、禁煙にチャレンジすることにしました。

昨日、ニコチネルパッチを購入したので、今日から開始です。

右腕の力こぶの部分に貼ってみたのですが、15分ほどでかなりかゆくなりました。
他の場所に張り替えようと思ってはがしたら、全然くっつかないので、しかたなく新しいパッチを開けました。
今度は左腕の力こぶの裏側にはりました。
やはり、30分ほどでかゆくなったのですが、がまんできない程ではないのでOKです。

肝心の禁煙ですが、まだ3本ほどタバコが残っていたので吸ってしまいました。
でも、どうしても吸いたいわけでもなく、おいしいと感じるわけでもありません。

なんとなく、今回の禁煙は成功しそうな気がします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください