コタツでWeb開発をするために – NXClient for Windows

コタツで Web 開発を行うために、ノートパソコンでリモートデスクトップ接続を試しています。

結局、Windows 7 Home Premiun (32bit) + NXClient for Windows で落ち着きました。

NXClient for Windows を使うための手順をまとめておきます。

サーバーの設定(Ubuntu 9.10)

以下の記事を参考にインストール&設定します。

Ubuntu Weekly Recipe:第98回 FreeNXでリモート・デスクトップ環境を実現する

半角/全角キーを押すと、リピート状態となってしまいます。
NXClient のバグと思われますが、対策ができないため、無効化します。
漢字入力は Ctrl + Space で行います。

また、アンダースコアが入力できませんが、キーを割り当てる事で対策できます。

上記 URL を参考に作成した /usr/NX/bin/GNOME-iBus.sh を修正します。

#!/bin/bash
export LC_CTYPE=ja_JP.utf8
export XMODIFIERS=@im=ibus
export QT_IM_MODULE=ibus
export GTK_IM_MODULE=ibus
export USE_XOPENIM=t
/usr/bin/xmodmap -e 'keycode 123 = backslash underscore'
/usr/bin/xmodmap -e 'keycode 49 = NoSymbol'
#/usr/bin/xmodmap -e 'keycode 129 = Zenkaku_Hankaku Kanji'
/usr/bin/ibus-daemon --xim &
/usr/bin/nx-session-launcher-suid gnome-session

クライアントの設定(Windows)

いったん接続して確認すると、キーボードの配列が英語になっています。
ユーザーディレクトリに .nxconfigセッション名.nxs が作成されていますので、Custom keyboard layout を修正します。

...
<option key="Custom keyboard layout" value="jp" />
...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください