ビデオカードをダウングレード

少しでも静かなパソコンにしたくて、ファンレスのグラフィックボードに変更しました。

パソコンとは長い付き合いですが、あきらにとって、パソコンは道具であって玩具ではありません。
ゲームはDSでします。
テレビの録画はハードディスクレコーダーでします。
めったにパソコンでDVDなども見ません。

高機能すぎるグラフィックボードは必要ありません。
それより冷蔵庫のような音を何とかしたい。

元のビデオカードは Geforce GTS 250 512MB です。
マザーボードが壊れたマシンに組み込んであったものです。

■ Windowsエクスペリエンスインデックス

グラフィックス: 7.0
ゲーム用グラフィックス: 7.0

費電力も多くて自分の用途にはオーバースペックです。
ファンの音が気になるし、時々掃除しなければなりません。
まぁ人によっては静かと思うかもしれません。
一応 HIDM 端子もあるのですが、PCケースを加工しないとちゃんと差し込めないと思います。
今度、予備のマシンを組み上げる時の部品にします。

交換したビデオカードは Radeon HD5450 512MB です。
パソコン工房松江店で購入しました。

■ Windowsエクスペリエンスインデックス

グラフィックス: 4.6
ゲーム用グラフィックス: 6.1

なんといってもファンレスである点が気に入りました。
消費電力も少ないです。
Windows 7 64bit のドライバーはAMDのサイトからダウンロードしました。
ドライバをインストールすると DVI 接続で 1920×1080 表示が出来ました。
こちらの HDMI 端子は問題ありません。
Low-profile 対応です。将来的にスリムケースで使い回しが出来そうです。
VMware Player 3.0.1 で Aero が表示できるかどうかが心配でしたが、問題なく表示されました。

Core i7 920 なマシンですが、CPUファンはリテールでも結構静かです。
残すは電源の音ですが…
Core i7 9xx 対応で「安くて」静かな電源ってあるのかなー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください