キーボードは大切だ!

1ヶ月ほど前、腱鞘炎になりかけた。原因はキーボード。特に左のShiftキーが押しにくくて、小指が痛くなった。
格安の1000円ほどのキーボードを使いつづけていたが、限界の様だ。

そして家族連れで電気屋へ。まあ、消耗品だから、また格安のキーボードでいいや、と思っていたが、嫁さんの「どうせならもうちょっとだけイイのにしたら?」という言葉に甘えさせてもらった。

というか、元々少し省スペースのキーボードを狙っていたんですが…

今はパソコンデスクを使っているんですが、キーボードがフルサイズだとマウスのスペースが結構キツイ。

画像(180x180)

TK-UP01MALBK

結局選択したのはこれ。やっぱブラックは(e。

ELECOM TK-UP01MALBK

USB – PS/2 変換ジャック付きで、この変換ジャックを使わないときは、キーボードの裏にしまえるという親切さ。
ケーブルは3mもあるので、あきらのようにパソコンデスクでも、楽々配線出来る。

キータッチはまともで、安物キーボードのような「プチプチ」感は無い。ストロークもしっかり深い。「押した」感があるため、二度打ちなどのミスタッチが減った。

多少不便なのは、[Pg UP], [Pg Down], [Home], [End]キーが [Fn]キーとの組み合わせのため、プログラミング時にエディタが少々使いにくくなった。

まぁ、省スペースのメリットの方が大きいので我慢できる。

ネットで購入するには、ここがお勧め。

《インターネットショップ uWORKS 》パソコン関係何でも激安!

「サプライ・アクセサリ」->「キーボード」->「エレコム」で探せる。

送料を入れても量販店と変わらない価格には驚いた!
※在庫僅かとの事なので、急いだ方が良いかも。

キーボードを換えて感じたのは、やはり商売道具は選んだ方が良いということ。毎日のことなので、効率や健康に関わってくる。

小指の痛みもだいぶん和らいできた。

※ (e は かっこいー と読んでくれ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください