FC5 FlashPlayer設定まとめ

Fedora Core 5 の Firefox で FlashPlayer を設定するまとめ。

フォント検索用のファイルを作成

FlashPlayerは、フォントの検索に以下のファイルを使う。

/usr/X11R6/lib/X11/fs/config

FC5では、このパスは存在しない。このため、FC4と同様にパスを作成する。

# mkdir -p /usr/X11R6/lib/X11
# ln -s /etc/X11/fs/ /usr/X11R6/lib/X11/fs

東風代替フォントのインストール

FlashPlayerでは、日本語に関して、論理フォント名が以下の物を使う。

kochi gothic
kochi mincho

このため、東風代替フォントを追加する。

# wget http://prdownloads.sourceforge.jp/efont/5411/kochi-substitute-20030809.tar.bz2
# tar jxf kochi-substitute-20030809.tar.bz2
# cd kochi-substitute-20030809
# cp kochi-*.ttf /usr/share/fonts/japanese/TrueType
# pushd /usr/share/fonts/japanese/TrueType/
# chmod 644 *.ttf
# ttmkfdir
# mkfontdir
# popd
# rm -rf kochi-substitute-20030809*

FlashPlayerのインストール

以下のテキストを /etc/yum.repos.d/flash.repo として保存する。

[flash]
name=macromedia.mplug.org - Flash Plugin
baseurl=http://macromedia.mplug.org/rpm
http://sluglug.ucsc.edu/macromedia/rpm
http://ruslug.rutgers.edu/macromedia/rpm
http://macromedia.rediris.es/rpm
enabled=1
gpgcheck=1
gpgkey=http://macromedia.mplug.org/FEDORA-GPG-KEY

flash-plugin をインストールする。

# yum -y install flash-plugin

動作を安定させる。

以下のテキストを /etc/profile.d/flash.sh として保存する。

export XLIB_SKIP_ARGB_VISUALS=1

以下のコマンドを実行する。

# chmod +x /etc/profile.d/flash.sh

Flash上で右クリックしたときのメニューで日本語が表示されない場合

/etc/nsswitch.conf をチェックする。

× hosts: files wins dns # 先頭が files dns でない
○ hosts: files dns wins # 先頭が files dns

バグなど

Flashが全てのコンテンツより上に表示される。以下のサイトで確認できる。
http://www.adobe.com/jp/
画面上部の「ソリューション」をポイントすると、プルダウン式メニューがFlashオブジェクトの下になる。
これは Linux版Firefox のみ。よって、Linux版Firefox のバグと思われる。

参考

Fedora Core 5で日本語が表示されない – @IT
Fedora Core 5 インストールノート
Xorg の Composite 拡張が有効だと Flash があるページで Firefox が落ちる


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください