Canon MP600 に Bluetooth で接続

我が家のプリンターは Canon PIXUS MP600 です。
単体でコピーも出来るし、重宝しています。
もう4年も使っていますが、まだまだ現役です。
当時の Epson のプリンターはかなりインクを食っていたので、結局 Canon を選択した記憶があります。

この MP600 は、発売当初から USB コネクターに Bluetooth アダプターを挿入すれば利用できるようでしたが、あきらの携帯には Bluetooth が搭載されておらず、もっぱらデスクトップパソコンで作業をするため、必要性を感じることなく過ごしていました。

しかし、ノートパソコンの使用頻度が上がっており、現在は年賀状のシーズンです。
ノートパソコンや家族のパソコンからプリントしたい場合、現状ではあきらのデスクトップパソコンを立ち上げる必要があります。

最近は無線LAN対応のプリンターが多くなっていますが、故障したわけでもないので買い替えはしたくありません。
また、Bluetooth のトングルが千円程となっているため、最小の投資で済みます。

まず、プリンターに BT-MicroEDR2X を挿入しました。
ネットで MP600 が対応しているのは確認済みです。

パソコンは、lenovo ideapad S12 で試してみました。
しかし、テストページの印刷途中で印刷が停止してしまいます。
検索してみると、どうも Broadcom の BCM2046 ではプリンターに対応できないようです。

しかし、この時点では、我が家のプリンターとパソコンの Bluetooth チップのどちらが悪いか断言できません。
どのみち必要となるので、BT-MicroEDR1X を パソコン工房 米子店 で追加購入しました。

プリンターに BT-MicroEDR1X を挿入、パソコンに BT-MicroEDR2X を挿入し BCM2046 のドライバーを「無効」にして再テストです。

結果、テストページは問題なく印刷できました。
やはり、BCM2046 が好ましくないようです。

トラブルシューティング — Ideapad S12 に Ubuntu 10.10 をインストール

やっぱり若干のトラブルがあったのでメモ。

ideapad S12 以外にも該当すると思われます。

Atom N270 対策

キーやマウスの操作をしないと一定時間で固まる。

/etc/default/grub の該当部分を以下のように修正。

その後、以下のコマンドを実行。

Broadcom BCM4312 対策

ドライバー acer-wmi が誤ってロードされるため、Network Manager で無線ネットワークとして検出されない。

/etc/modprobe.d/blacklist/blacklist.conf に以下を追加。

以下のコマンドを実行。

再起動する。

http://www.mail-archive.com/networkmanager-list@gnome.org/msg16485.html
http://www.mail-archive.com/networkmanager-list@gnome.org/msg16494.html
https://bugzilla.kernel.org/show_bug.cgi?id=16570

Ideapad S12 に Ubuntu 10.10 をインストール

Ideapad S12 に Ubuntu 10.10 をインストールしようとしましたが、10.04 で経験したのと同様に、操作をしていないとフリーズして、マウス・キーボードを操作すると復帰するというプチフリーズのような現象のため、断念していました。

でも、ググッてみるもんですね。

System freezes unless mouse/keyboard constantly used

全く同じ症状で、機種も一致。

起動時のカーネルオプションに、 nolapic_timer を追加して、無事動作しました。

しあわせ。

Windows 7 のインストール

IdeaPad S12 のハードウェアの準備が整ったので、Windows 7 をインストールしました。

Windows 7 Home Premium 32ビットを 1GBメモリと一緒に購入しておきました。
メモリが最大 2GB なので 32ビットで十分です。
仮想マシンを動かすには CPUが力不足ですし、必要なら VMware Player を利用しますので、Professional や Ultimate は不要です。

インストールはUSB接続のDVDドライブで行いました。
インストール過程の問題は特にありませんでした。
インストール後に不明なドライバーが残りますが、以下のドライバーをインストールすることで解消されます。

Lenovo エナジー管理ドライバー Windows 7 32bit

その他、タッチパッドなど必要と思われるドライバーをダウンロードしてインストールします。

ダウンロード・ファイル

今のところ、問題はありません。XPより快適です。

※ 2009/12/10(木) – IdeaPad S12 がヤマダ電機 松江店 でまだ販売されていました。

IdeaPad S12 メモリ増設とHDD交換

Windows 7 をインストールするために、メモリ増設とHDD交換をしました。
メモリは標準の1GBではスムーズな動作が期待できないためです。
HDDは Windows 7 がうまく動かない場合に元にもどせるように保存しておくためです。

※ 同様の作業をされる方は自己責任で行ってください!
※ この記事を参考に作業して壊した場合にもあきらは責任を持てません!

メモリの増設

画像(180x135)

電源とバッテリーは取り外してしばらく放置しましょう。

画像(180x135)

ねじをはずしてふたを取り外します。
爪があるのであまり無理をせずに。でも少し大胆に。

画像(180x135)

PC2-5300 1GB です。

画像(180x135)

カチカチッととめます。

画像(180x135)

閉じます。
こっちの方から爪を合わせて倒してゆきます。

画像(180x135)

横の爪の部分をパチパチ押さえます。
あとはネジを締めて完了。

HDDの交換

画像(180x135)

キーボードを取り外す必要があるので、裏側からネジを1つはずしておきます。

画像(180x135)

キーボードの上部のプラスチック部品をはずします。
マイナスドライバーなどでキーボード側の隙間からこじ開けます。
爪が折れやすいので注意が必要です。
爪は正面から見て逆Lなので、右方向に逃がすイメージで。

画像(180x135)

キーボード左右に小さな爪があるので注意してください。
少し浮かせて上方向にずらすと、楽に取り外せます。
フレキシブル基板(フィルム基板)があるので注意してください。

画像(180x135)

ハードディスクマウンタをとめているネジは、左上の一箇所です。

画像(180x135)

ネジをはずして右方向に引っ張ると外れます。
マウンターのネジを外してHDDを交換します。
あとは今までの手順を逆にして元通りにします。

確認

画像(180x135)

BIOS で確認します。
System Memory と Hard disk を確認。
お疲れ様でした。

Lenovo IdeaPad S12

SONY の VGN-G2 を Lenovo IdeaPad S12 に買い換えました。

VGN-G2 に以下の不満がありました。

・遅い(HDD が1.8インチで遅い)
・メモリが最大1.5GBのモデル(Windows 7 用に 2GB 欲しい)
・USBソケットが2つしかない
・右側のUSBソケットが縦になっていて向きが不便
・SDカードリーダが遅い
・せっかく Core 2 Duo なのに BIOS で VT が無効化

装備されているけど使わない機能がありました。

・指紋認証
・FeliCa
・SDカードリーダ(遅い)

欲しい機能は以下の機能でした。

・無線LAN
・1280以上のディスプレイ
・フルサイズキーボード
・マイク・ヘッドフォン端子(Skype用)
・SDカードリーダ(できればブート可能であること)
・3つ以上のUSBソケット
・2.5インチHDD(交換可能)
・2GB以上のメモリ

結局、打ち合わせやデスクトップの端末のような使い方がほとんどなので、CPUのスペックはあまり必要ありません。
ただ、フルキーボードだととても使いやすいのです。

HDDを交換したり、メモリを増設して Windows 7 をインストールしたので、おいおい記事にして行きます。

現時点では、かなり満足しています。

ELECOM ACアダプタ用直結プラグ

画像(180x135)

たまたま100万ボルト米子店にあったので購入。
最近多いミッキー端子(3Pメガネ端子)用です。
Lenovo や Acer はこのタイプです。
VGN-G2 から買い換えた Lenovo IdeaPad S12 に使います。

ヤマダ電機米子店には2P用しかありませんでした。

画像(180x135)

真っ直ぐのもあったのですが、L型を購入。

画像(180x135)

このように装着。

太いケーブルが不要になったので、自宅で使うとかなりスッキリします。
移動の際もかばんの中がスッキリします。