Raspberry Pi 3 model B に Xubuntu 16.04 をインストール

子供へのサービスで、ちょこっと大阪日本橋のシリコンハウスというお店へ行ってきました。
子供の目当てはLEDネームプレート。パソコンを使って好きな文字列を登録して遊んでいる。
なかなか面白いものです。

さて、モノのついでと言ってはなんですが、ここまで運転してきた自分への慰労の意味もあり、以前から欲しかった Raspberry Pi を購入しました。
特に目的は決まっていないのですが、いじっているうちに何か見つけると思います。
まずは手に入れて、失敗したり、限界を感じたりする事自体が楽しいと期待しています。

Xubuntu 16.04 のインストールに関しては、以下を参考にしました。
Ubuntu Weekly Recipe 第421回 Raspberry Pi3とXubuntu 16.04 LTS

準備するもの
・システムのインストール作業用のパソコン(Xubuntu 16.04)
・microSDHC 16GB or 32GB
・Raspberry Pi 3 Model B
・HDMI接続可能なモニタ(デジタルテレビ)
・USBキーボード + マウス
・LANケーブル
・HDMIケーブル

.xz 形式の解答は xz コマンドで出来るようです。
ダウンロード/ にダウンロードした場合、SDカードが /dev/sdb の場合は以下のようにすれば、インストール完了です。

$ cd ~/ダウンロード
$ xz -dv xubuntu-16.04-desktop-armhf-raspberry-pi.img.xz
$ dd bs=1M if=xubuntu-16.04-desktop-armhf-raspberry-pi.img of=/dev/sdb

その後、GParted を使って、システムパーティションを 4GB を残して拡張してから、SWAP パーティションを作成しました。

Raspberry Pi に microSDHC カードを挿入ます。
Xubuntu の起動時には GUI による言語の選択や地域の設定と若干の追加インストールがあるので、モニタとキーボード・マウスとLANケーブルを接続しておきます。
最後に microUSB 端子の電源を差し込めば起動です。

言語の選択、地域の選択、ユーザー名・ユーザーID・パスワードの設定を行うと、アップデートが実行されますが、アップデートはリポジトリを国内のものに修正してからの方が良いと思われるので、キャンセルした方が良いようです。

ログイン画面が表示されるので、ログインして「ターミナルエミュレーター」を起動します。
そして、以下のコマンドでスワップパーティションを有効にしてファームウェアを更新します。

$ sudo mkswap -L swap1 /dev/mmcblk0p3
$ sudo vi /etc/fstab

以下を追加。

LABEL=swap1     swap            swap    defaults          0       0
$ sudo rpi-update
$ sudo reboot

再度ログインして「ターミナルエミュレーター」を起動して、コマンドを実行します。

$ sudo vi /etc/apt/sources.list

以下のように修正。

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ xenial main restricted universe multiverse
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ xenial main restricted universe multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ xenial-security main restricted universe multiverse
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ xenial-security main restricted universe multiverse

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ xenial-updates restricted main multiverse universe
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ xenial-updates restricted main multiverse universe

deb http://jp.archive.ubuntu.com/ports/ xenial-backports restricted main multiverse universe
deb-src http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu/ xenial-backports restricted main multiverse universe
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get -y upgrade
$ sudo apt-get -y install snapd
$ sudo apt-get -y install $(check-language-support)
$ sudo reboot

Surface Pro 3 で PA-WG1400HP の 5GHz に接続すると悲劇的に遅い対策をした

以下の理由でやっと 5GHz 帯の無線LANルータへ変更することに決めました。

・仕事用のフレッツADSL と家庭用(主に子供の YouTube 用)の WiMax2+ を契約していたが、解約してフレッツ光に一本化した
・わが家も 5GHz 帯対応の機器が多くなってきた
・電子レンジの影響がうっとおしくなってきた
・現状の 2.4GHz 帯では、たまに無線 LAN が 0.1MHz にまで遅くなり、仕事にならない

PA-WG1400HP への変更はわりとすんなりと出来たのですが、Surface Pro 3 を 5GHz に接続すると速度がやっと 1MHz の状況でした。
色々ネットを調べてみたのですが、これといった情報は無く、ルーターとの相性じゃないかとの情報ばかりでした。
iPad / iPod touch / SHL22 (スマホ) / ASUS X205TA と、他の 5GHz 対応の機器は問題ないので、なんとかならないかとルータの設定を確認すること数時間、やっと回避策が見つかりました。

http://aterm.me/
トップページ > Wi-Fi(無線LAN)設定 > Wi-Fi詳細設定(5GHz)
「クワッドチャネル機能」を「使用しない」に設定

お試しください。

結局マウスを購入しました。

右手の痛みが治まらないため、結局マウスを購入してみました。
Unifying が気に入っているので、Logicool M705r を試しています。
自分には合っているようです。だんだん痛みが治まっているのを感じています。
SetPoint(Logicoolのデバイス設定ツール)で「スムーズなスクロールの有効化」のチェックを外せばまともに使えます。
解像度が荒いようなので、CADとか細かい作業をされる方には不評です。

また、Logicool K400 も購入しました。
こいつはキーボードとタッチパッドが一体化したものなので、また右手が痛くなった場合も仕事ができるように、保険です。

結局お金をかけないとダメみたいです。
何ヶ月も医者通いになってしまうと困るので、妥当な出費かもしれません。

斜め(傾斜)マウスパッドを自作

マウスを使うと疲れて、手のひらの中指の付け根辺りが痛くなる。
ちょっと価格が高めで右手用に斜めのマウスだとほとんど痛くならないが、自分の持っている高級マウスは少々古い型なので、ワイヤレスや休止復帰の反応が悪い。これはこれでかなりのストレスだ。
トラックボールにしようかと思ったが、所詮ポインティングデバイスは消耗品だし、普通のマウスで大丈夫であればそれに越した事はない。

自分はマウスに手のひらをかぶせて使うタイプである。
親指と薬指(と小指)で挟んで使う人は、クリックによる腱鞘炎以外ではあまり痛くならないらしい。
普通の左右対称型のマウスで自分も挟むように持ってみたが、かなり大きなマウスじゃないとかえって窮屈で肩がこってしまった。

やっぱり7千円以上もする高級マウスが必要なのかな…ん?
マウスパッドの方を斜めにすれば、手首の角度が良くなって痛くならないのでは?
試しに固めのマウスパッド下に適当に本など置いて、右下がり斜めにしてみた。

いい感じだ。

調子に乗ってどれくらいの角度が一番いいか確認してみると、横幅18cmに対して高さ3cmぐらいが楽だった。
しかし、マウスパッドだけでは重さに耐えられずに曲がってしまうため、実用するためにはしっかりした土台が必要だ。
頭の中では、樹脂を型に流しこんで土台を作っているんだが、どうしたものか。
そうだ、100円ショップで材料を調達しよう!夕方にダイソーに向かった。

ざっと堆積を計算して、必要な粘土の数を3個として、あとは厚紙だ、と思っていた処、いっしょに来た嫁さんが「これでいいんじゃない?」とバインダーを手に取って見せた。
おぉ!バインダーを閉じると確かに理想に近い傾斜が!しかも十分な強度にしてカッターで加工でき、部品点数も1つで済む。
完璧に近い。金具などがないもので厚みが約3cmのものを選んで購入。

うちに帰って、作成。

1. バインダー内のビニールケースを剥ぎとる。
2. バインダーをマウスパッドの大きさに合わせてカッターでカット。
3. 丈夫なガムテープで貼りあわせて三角に。
4. 両面テープでマウスパッドを貼り付ける。
5. マウスパッドの手首側に両面テープでキッチンペーパーを丸めて貼り付けてクッションに。

相対的にキーボードが低くなるので、キーボードの下に1cmくらいの板を置くようにした。
キーボードとマウス間の右手の行き来がスムーズになってよりいい感じになった。
ダイソーで売っているカラーボードが便利。

完璧。

マウスパッドもダイソーなので、テープ類とカッターの代金を除くと、しめて315円。
しばらくこれで行こう!

ELECOM KVM-KUSN を購入

現在、バックアップの意味も兼ねて、ほぼ同じ構成のパソコン2台を使っています。
同時に操作できるわけではないですし、22インチの 1920×1080 のモニタを並べなければできない作業もありませんので、KVMスイッチを使っています。
サブでアプリケーションの最新版を試してから、メインに導入したりしています。主に VMware Player や Virtual Box などですね。

安かったので、ずっと Corega の CG-PC2UVAMN を使っていました。Ctl を2回連打で切り替える方式です。
しかし、Unifyling のキーボードだと切り替えれなかったり、電力不足でワイヤレスマウスが接続されなかったり、とにかくワイヤレス環境だと不便と感じることが多くなりました。

とりあえず、他の KVMスイッチを試そうと、ELECOM KVM-KUSN を購入してみました。
オーディオ対応の ELECOM KVM-KUS もあったのですが、経験上必要無いし、ケーブルがごちゃごちゃするので、あえてオディオ非対応を選択しました。

これは手元スイッチで切り替える方式なので、キーボードを選びません。また、パソコンに挿入する USB端子が2本なので、電力の心配もなさそうです。
ワイド画面は動作保証外だった事を後で知りましたが、1920×1080 でちゃんと表示されているので結果オーライです。

マウスがちゃんと接続されるようにコネクターの位置を調整する必要がありましたが、快適なワイヤレス環境となりました。

マウス操作で右手が痛い方へ

最近、右手の平の中指の付け根辺りが痛い!
多分、マウスの使いすぎ。でも、今までこんなに痛くなったことはなかった。

ふと、思い当たったのはマウスの形状。使っていたマウスは Logicool M510。
これって、ちょうど痛いあたりがこんもりとしていて当たってしまう。
ちょっとズラして持ったら痛くならないかもしれないと思ったが、やっぱり使っているうちにボタン操作などがしっくり来る位置になってしまって、やっぱり当たってしまう。

試しに、比較的平らなマウスを使ってみたら、少し痛みが和らいだ。
でも、そのマウスは有線なので、ときどきケーブルに引っ張られて勝手にズルズル動いたりする。
使い慣れると、無線マウスじゃないとしっくりこない。

嫁さんに話してみたら、自分が使っているマウスと交換してくれた。
自分が以前使っていた BUFFALO BSKBU04WH。
少し右が低いデザインのため、痛い部分にはほとんど当たらない。
助かりました。

思うに、自分は人差し指が中指より 1cm くらい短いためじゃないかと思う。
ホイルスクロールや中クリックを多用するため、ほぼ左右対称だと人差し指を伸ばす格好になる。
自分の場合、ほぼ左右対称のマウスだと無理があるんだろうと思う。

パソコンの電源を交換しました。

パソコンが突然リセットする現象が再発しました。
以前に発生したときはマザーボードを交換してみたので、残る原因は電源かメモリでしょう。

実は、TDP35W の Core i3 2100T なので、消費電力も少ないため、電源は安価なもので十分と考えて ZU-425N を使用していました。
とりあえず電源を GX 450W に交換して3日ほど様子を見ていますが、今のところ大丈夫なようです。

静音化もできて満足していますが、今度パソコンをメンテナンスするときにはもうちょっと予算を準備して、極力トラブル解決に時間を取られないようにしようと思います。

趣味としては多少トラブルがあったほうが面白いんですけどね。

Windows 7 でイベントのエラーの対策をした

いきなり電源が落ちてリセットされる現象が発生したため、マザーボードを交換しました。
現在は安定しています。
いつごろだったか確認するために、イベントログを確認したところ、頻繁にエラーが発生していました。

Etron USB 3.0 Extensible Host Controller Driver サービスを、次のエラーが原因で開始できませんでした:
指定されたファイルが見つかりません。

Etron USB 3.0 Extensible Hub Driver サービスを、次のエラーが原因で開始できませんでした:
指定されたファイルが見つかりません。

原因は Etron の USB 3.0 ドライバーがきちんと削除されていないためでした。
regedit で以下の項目を削除して再起動したところ、エラーは無くなりました。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\EtronXHCI
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\EtronHub3

ちなみに以下は電源のエラー。

システムは正常にシャットダウンする前に再起動しました。このエラーは、システムの応答の停止、クラッシュ、または予期しない電源の遮断により発生する可能性があります。

パソコンの静音化 – マグネットシート

パソコンから聞こえる「ブーン」という音が耳について仕方ない。
内部電源の周りから音がするようだ。
しかし、ケースを開けてみるとそれほどうるさくない。

これは多分「箱鳴り」だ。

元に戻して、内部電源の周りを押さえてみると、音が小さくなった。間違いない。
ずっと押さえているわけにも行かないので、使っていない DS Lite を乗っけてみたが、あまり効果がない。

「冷蔵庫などにくっつけているマグネットをつけてみたらどうだろうか。」
と、思いついてやってみたら、ある部分で、ピタっと静かになった。
これはかなりの「快感」だった。ケンシロウかトキになった気分。

その後、マグネットシートでも試してみた。
ある程度以上の面積があれば、マグネットシートのほうが効果が高いようだ。

当面はこれで対処することにした。

Core i3 2100T を LGA1156 リテールクーラーで冷却

パソコン工房の通販で、追加の Core i3 2100T と DDR3 PC3-10600 4GB x 2 が届きました。
しかし、残念ながら メモリが初期不良のようです。別のマザーボードに差してもエラーになりました。
パソコン工房米子店で対応してくれる事となり、閉店まで90分なので、急いで向かうと、わざわざ交換品のメモリテストを行って準備してくれていました。

メモリの初期不良は確率的なものでどうしようもないのですが、丁寧な対応をしていだだき、ありがとうございました。

その際、たまたまジャンクで LGA1156 のリテールクーラーが 300円でした。
Core i3 2100T のリテールクーラーは、総アルミなのですが、 LGA1156 のリテールクーラーは銅芯なので、より冷えるのです。
もともと発熱は少ないため、わざわざ CPU クーラーを購入するのに躊躇していたので、チャンスと思い、購入してみました。
やはり、標準よりコア温度が3~4度下がるようです。

メモリの初期不良にガッカリしましたが、結果的にラッキーでした。